【簡単】算数・数学を視覚的に理解しよう!〜DESMOSの使用方法〜

こんにちは、こんばんは!
オンライン算数・数学塾 MIRAI 塾長のNAOKIです。

初めに

今回は、算数・数学を簡単に関数を表すことができるサイトを紹介します。
学校や塾の先生、もしくは家庭教師をしてる方々、さらに、生徒の皆さん自身が簡単に使えるようにします。色々使った中で、一番簡単なサイトなのでぜひ使ってみてください。

DESMOS

DESMOSは、簡単に使うことができるグラフ計算機です。

  • 傾きaの直線がaによってどのように変わるのか
  • 交点がどこにあるのか
  • 共有点をいくつ持つのか

など視覚的に見ることができます。この点については後ほど具体例をお見せしますね。

使い方

画面右上からサインアップしよう

DESMOSのウェブサイトを開いて、右上からサインアップをしよう!
しなくても問題ないが、しておくと作成したグラフを保存することができるので、何回も使う予定のある人はぜひ登録しよう!

Googleアカウントを使って簡単に登録することもできます。

実際に使ってみよう

上の写真のグラフ計算機(画面中央)を押してください。

そうすることで、上の写真のように数式を入力することができます。
実際にキーボードを使ってもいいですし、写真左下のキーボードを押すことで簡単に入力することができます。

今回は、左下のキーボードを開いてみます。

今回は、一次関数を入力してみました。ただ、a,bは定数となっています。
そのため、「スライダーを追加:b」のボタンを押すと、その下の行(a=-0.7)のように自由に動かすことができます。

aとbを動かしてみました(上の写真を見比べてみると、左の行の再生ボタンを押して自動的に動かしています)

同様に、いくつもの関数を追加することも可能になります。
また、上の動画のように赤線のマーク(動画左側の+マークの下)を押すことで、表示・非表示を変えたり、設定ボタンから線の太さや点線にすることも可能になります。

まとめ

どうでしたか?簡単に使えそうでしょう?

ICTを導入したいと考えている先生方や関数の変化を見たいと思っている生徒の皆さん、ぜひ使って見てください。計算と視覚的な変化を結びつけて、算数・数学の思考をできるようにしましょう!また、今度授業での指導例もまとめますので、乞うご期待で。

当塾は、場合によってはDESMOSを用いて指導を行います。
数学的な考え方を視覚的にもわかるように工夫して指導を行いますので、算数・数学の苦手な方も楽しく学ことができます。無料体験来てくださいね。
とりあえず、相談したい!と言う方はTwitterでも聞いてください!

お問い合わせはこちらから

オンライン算数・数学塾MIRAIの塾長。 名古屋大学理学部数理学科を卒業して、民間企業で働いたのち、教員免許(中高数学)を取得中。自分の可能性を広げるために、KredoにてオンラインIT留学中。将来は、海外を起点に生活したい。何事も挑戦。