【このままで大丈夫?】数学を効率的に得意にする勉強法

こんにちは、こんばんは!
オンライン算数・数学塾 MIRAI 塾長のNAOKIです。

初めに

今回は、数学を得意にしたいけど、「時間がない!!!」と考えている学生向けの記事になります。前回記事のINPUT・OUTPUTの記事も読んでもらえると得るものが多いと思います。
この記事は最後にこういう風に問題と向き合ってほしいと書いているので、ぜひ最後までお付き合いください。

問題を解く流れ(3つのコツ)

まずは、方針を立てれるようになろう!

公式の証明にしても、問題を解くにしてもいきなり全てを理解することは無理です。数学は暗記科目ではありません。(解答を一言一句覚えることが悪いわけではないですが、入試やテストでできるようにはなりません。

最初のうちは、問題を見てこんな感じで解けそう!という訓練をしましょう。
緊張しなくて大丈夫です。
ざっくり、「こんな風に考えると答えが出そう」「公式を使って場合分けするのかな」こんな感じで大丈夫です。解答を見てもいいので、こんな方針なら解けそうだという訓練をし続けてください。そうすることで、数学的な考え方を作ることができます。

次に、方針を具体化しよう!

ざっくり立てた方針に肉付けを行いましょう。

例えば、使う公式は●●で今回はこういう風に代入して使えそう!
(必ずしも計算する必要はありません)

計算以外の論理のところを具体化してみてください。

最後に、解答を仕上げよう!

肉付けしたものから計算をして解答を出すようにしましょう!
そしてそれが、問題集の解答と一致しているのか確かめてください。

どうやったら効率的に学習できるの?

皆さんの学習は無意識に、上の工程全て行っていると思います。
厳しいことを言うと無駄ばかりです。

例えば、最初に問題を見たとき、復習で見た時、久しぶりに見た時
全て、同じように丁寧に解答を作成していませんか?
問題集を何周も解くのがいいと聞いて、何回も同じ問題の解答をノートに書いていないですか?

時間が無限にあるならいいでしょうが、学生は時間がありません。

おすすめは、問題によって強弱をつけてください

私ならば、最初の1回は丁寧に、上の工程を全てやると思います。
ただ、そこで理解ができて次は絶対に解けると思ったら、次に問題を解くとき方針をチェックして終わりにすると思います。(もちろん、計算する能力がある前提ですよ!)


高校生の皆さんは青チャートと向き合っていると思います。
同じように何回もやることが大切だと口酸っぱく言われていることでしょう。

青チャートも、最初の1周は例題を丁寧にやります。2周目以降はまだしっかり理解できていない問題は丁寧に、理解できている問題は、「こうなりそう!」って時間をかけずに方針だけ考えて終わります。(また、今度チャートの使い方についてはまとめますね)

こうすることで、同じ問題を短い期間で何回も触ることができるのです。

学習で大事なことは、短い期間で何回触ったかです。
(小学校、中学校、高校と同じ内容の歴史を勉強しているのに一向に覚えられないのは期間が空きすぎているからです。)

多少雑になっても構いません。勉強で大事なのは、一回の丁寧さよりも何回触れるかです。

まとめ

数学の勉強はとにかく問題を解かなければ力はつきません。ただし、時間は有限にはないので、丁寧に解く必要がある問題と方針を考えたらいい問題、もしくは触らなくていい問題と強弱をつけて取り組むようにしましょう!

数学の勉強法についても当塾は、アドバイスできるので遠慮なく無料体験来てくださいね!
とりあえず、相談したい!と言う方はTwitterでも聞いてください!

お問い合わせはこちらから

オンライン算数・数学塾MIRAIの塾長。 名古屋大学理学部数理学科を卒業して、民間企業で働いたのち、教員免許(中高数学)を取得中。自分の可能性を広げるために、KredoにてオンラインIT留学中。将来は、海外を起点に生活したい。何事も挑戦。